www.food24fps.com

投資家から集めた資本でどれ位の利益がでたかを示す指標があり、これをROE(株主資本利益率)といいます。 日本の企業であれば、10%以上で有料企業と見られます。 ROEが高いという事は、株主からの資金を有効に利用し利益を上げられている事になり、 逆に低い場合は、株主からの資金であまり利益が上げられていないという事になります。 当然ROEが高い数値を示している企業が良いのですが、 注意点として、赤字が続いて株主の資本が急に減った場合は、ROEが高めに出てしまうことがあるのです。 また、株主資本を縮小して、意図的にROEを上げようとする会社も存在するため、 PERや有利子負債などとあわせてチェックする事に意味がある数値です。 有利子負債とは、社債や銀行からの借金の様に返済期限があって、利息を払わなければならない負債を指します。 有利子負債に関しては、あれば悪いと言う訳ではありません。 基本的に大半の銘柄は、この有利子負債を抱えていて、それにより業績が良くなっていれば問題なしです。 有利子負債があっても業績が上がらない会社、有利子負債が増え続けている会社は危険です。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.food24fps.com All Rights Reserved.